IROSOCAのPainting Day ~絵を売る日々~

東京から高知にUターンして絵を描くことが仕事になるまで

ワンピース倶楽部展 Vol.10「はじめてかもしれない」の会場での声

先日参加していた、ワンピース倶楽部展 Vol.10「はじめてかもしれない」

 

出展者様より会場の声をお知らせいただいたのでご紹介

ちなみに出展していたのは黒と白のネコの作品↓

f:id:irosoca:20170910184632j:plain

ワンピース倶楽部展

会場での声

・かわいい、おしゃれな感じ

⇒おしゃれ感が出せたら、飾られるのでは?と思っているので嬉しいです。

 

・女の人の作品だと思った

⇒ネコだからですかね?

 

・白猫の輪郭が際立ってる

⇒輪郭は他の作品でもぼかしをいれたり、絵の具を盛り気味にしたり、

こだわりポイントの一つなので、そこに目が行くのは嬉しいですね。


・額縁入れない方がいい

⇒額は好き好きですからねぇ。

でも自分のお会いした中で、絵画を結構買っているコレクターの方は、

総じて額に入れて作品を楽しんでいる気がします。

 

 

普段WEB販売がほとんどなので、自身の作品をギャラリー等で展示できるのは

すごく嬉しいです。

しかも今回の展示は、作品を購入してくださった方がエントリーして

展示をされるので作家に展示費がかかりません(*^_^*)

ありがたい!

 

ただし、出展にお金がかからない展示はほとんどないのが現状です。

 

たとえば海外で展示してみませんか?というお誘いのメールが

ちょこちょこくるのですが作品を1点出して5万~30万円くらいの

出展費用がかかります。

そもそも、自分の描いて販売している絵は、1枚1万円から3万円

くらいの絵がほとんどなので、売れてもペイできないです(笑)

そして、海外の展示はめちゃくちゃ怪しいのが多い。

 

国内でもお誘いがありますが、展示費用がもう少し安くなっても、

やっぱ3万円~くらいのものが多いですね。

 

気前よく参加したい所ではありますが、展示をすると決めたら

額代、画材代、運送費でまた数万円かかりますから、結構な

出費になります。

 

今年に入って東京で何回か企画展に出展していますが、それらは

売れた場合手数料を払い、出展は無料というものです。

このシステムが一番有難いです。

 

是非、企画展お声がけいただけると嬉しいです(^^